トップページ > 脂肪注入アンチエイジング

脂肪注入で若返る!?

脂肪注入というのが若返りの美容施術にはあるみたいです。 ほおやこめかみ、バストなど、加齢と供にふくらみが失われて貧相に見えてしまいがちな部分に、太ももやお尻から取りだした脂肪を注入するというもので、整形手術の一つです。 胸や顔などは、年齢と供に肌の張りがなくなり、なんとなくへこんだようになっていきます。 肌のへこみが大きくなれば、胸の場合はたるん出来ますし、顔の場合はしわにもなってしまいますよね。 年齢以上に年寄りに見える人もいますが、多くの場合は肌のへこみやたるみがその印象の源といえます。 年を取っているように見えないようにするため、脂肪をへこみやくぼみのある場所に注入して張りを取りもどすという方式です。 30パーセント〜50パーセントの脂肪をその場所に生着出来るようにするためには、自身の身体から脂肪を取り出す必要が有ります。 美容施術で脂肪を使う事で、自然な外見を保てます。 自身の体組織を使用するため、アレルギーや拒絶反応も有りません。 メスを使う手術や、入院しなければならない手術となると、整形手術をためらう人もいます。 脂肪注入であれば日帰りで施術をうける事が出来ますし、メスを使う事は有りません。 美容施術の中でも、脂肪注入はごくナチュラルな若返り好影響が期待出来るというアドバンテージがあるといわれています。

方法

脂肪注入では、まずすべき事は注入する脂肪の確保です。 どの部分から採取するか、体へのダメージはないかなどを確認します。 体内に脂肪が蓄積されていない場合、施術が出来ない場合が有ります。 脂肪が確保できたなら、注入するポイントを確認します。 カウンセリングなどをとおしてどの程度の脂肪を注入する事にするかを決定します。 脂肪注入手術を行なう時は、まずは全身あるいは部分麻酔をして脂肪を取り出す作業に取りかかります。 施術をうける人の体型によっては1リットル〜2リットルの脂肪を採取しますが、そのすべてを注入するわけでは有りません。 脂肪注入では、吸入した脂肪のうちコンディションのいい一部の脂肪を使います。 吸引した部位はしばらくたるみがでる事もあるといわれていますが、何日か経過すると治るので安心です。 こういうして脂肪は注入されますが、注入した脂肪のすべてが残るわけではなく、定着するのは60パーセントほどです。 注入した脂肪が全部定着するのではなく、約半分は定着せずに体外に流れて出てしまうという事です。 脂肪注入手術では、半分ほどしか残らない事を加味した上で注入する脂肪の量を決定します。 体内に注入した脂肪がどのくらい定着するかは、施術者の技術力とも関係するそうです。 病院の実績や、信用のおける医師に任せられるかどうかも確認してから脂肪の注入手術をうけてください。