トップページ > 腋臭(わきが)の手術方法について

わきがの手術

腋臭を治療するための手術方式には色々とあります。 治療法の中から自身に合うものを捜しだし、ワキガに適切な方式で対処するために大事な事は、信用出来る病院や医療機関に相談をする事です。 どんどん不明点や不安な点は聞いて、知識を得る事をお薦めします。 ワキガの手術についてのカウンセリングを、複数の医療施設でうけてみる事をオススメします。 電話相談やネットでの無料相談も有効です。 ワキガの手術で除去するのは、臭いの原因となるアポクリン汗腺です。 体温調節機能などには、人間の汗腺は体じゅうにあるため、わきの下の汗腺だけを切除しても支障はないといえます。 超音波を活用した手術方式は、ここ近頃注目している最先端のワキガ手術方式だといいます。 間接的な原因となっているエクリン腺や皮脂腺も超音波で破壊し取り除く手術方式で、腋臭の直接の原因となるアポクリン腺だけを除去するものでは有りません。 従来の方式にくらべて手術痕が小さく、再発可能性が低く、短時間で終わるというアドバンテージがございます。 これ以外のワキガの手術対策としては、脂肪吸引を応用した方式でアポクリン腺やエクリン腺を吸引する皮下組織吸引法、医師が自身の目でアポクリン汗腺を確認しながら取り除く剪除法、スプーンのような器具をつかって汗腺を掻き出す皮下組織掻爬法などがあるといいます。 アドバンテージやデメリットがいずれの手術方式にもあると思います。 正しい知識を、どのワキガの手術をうけるにせよ、得ておく事が大切でないでしょうかね。

注意点

根本的に腋臭を治療するには、最も適切な方式は手術をうける事でしょう。 いくつかワキガ手術の方式はあるみたいです。 いずれも臭いの発生を抑えるために、腋臭臭の原因となるアポクリン汗腺の除去をします。 手術では皮膚を切って処置をするので、昔は合併症や後遺症などの多様なリスクがありました。 そういったリスクは、医療技術の進歩によってここのところはすごく軽減しているみたいです。 目たたないものであれ、腋臭手術では傷跡が残るでしょう。 徐々に時間が経てば薄くなりわかりにくくはなるそうです。 かゆみや腫れを伴う事が、まれにケロイドになりやすい方などにはあるそうです。 高血圧や糖尿病の方、妊娠中の方はワキガ手術をうけられない事が有ります。 ワキガの保険が適用されない事があり、どうしても高くなってしまいがちですので、手術コストの事はワキガの手術の注意点といえます。 リスクを重視しすぎて自身に合う手術法を誤ってしまっては、色々とリスクはあるとはいえ意味がないといえるでしょう。 腋臭手術をリスクを低く抑え、納得のいく形でうけるには非常に医療施設選びがたいせつとなっていきます。 腋臭という病気は、今すぐ命を脅かすようなものでは有りませんので、焦らず慎重に手術のときの医療機関を選択してみる事をお奨めします。